喫茶店開業TOP > 喫茶店開業までの流れ/手続き > 喫茶店 経営に関する基礎知識・基礎技術の習得

喫茶店の経営に関する基礎知識・基礎技術を学ぶ

喫茶店を経営するためには、喫茶店運営/経営の基礎知識・基礎技術の習得がとても重要になります。
経営ノウハウ・調理/接客ノウハウがほとんどない状態で開業をしてしまいますと、なかなか売上が見込めない、利益が出ない、最低のお店になってしまいます。

そうならないためにも、喫茶店開業までに、必ず、喫茶店運営に関する一通りの学習/経験をしておくようにしましょう。

では、、、

具体的にはどのような方法で喫茶店経営/運営に関する知識/経験を得ることができるのか、下記に簡単に説明させていただきます。

喫茶店経営に関する基礎知識/基礎技術習得方法

◆喫茶店のアルバイトで経験を積む

私が最もオススメするのは、やはり、習うより慣れろ・・・で、実際に喫茶店でアルバイトを経験して、喫茶店運営の基礎知識や技術習得をする方法です。

アルバイトをすることで、一日の喫茶店の仕事内容を理解できますし、接客や調理技術について、基本的なことを学ぶことができます。また、喫茶店のオーナーから、直接話を聞くことで、売上・利益・仕入先・仕入れ方法など、経営に関する様々な生の情報を知ることができるでしょう。

私がオススメするのは、同じ喫茶店だけではなく、複数店舗で仕事(修行)をすることです。

1店舗最低でも3ヶ月間勤務し、合計3店舗ほどのお店で働くことをオススメします。
1店舗は一般的な小規模の街の喫茶店、1店舗は大手チェーンのカフェ、1店舗は流行っている喫茶店で働くことができれば、お店の規模や売上の違いによる日々の業務の違いを学ぶことができ、とても良い経験になるでしょう。

また、実際に喫茶店のお店で働くことで、「なぜこのお店は流行っているのか?」「この御店の良い点は?また、改善点は?」など、良い点・悪い点を学ぶことができ、自分のお店を開店する際には、それらの良い点を参考にし、悪い点を絶対に行わないようにすることで、良いお店作りをできます。

スポンサーリンク


◆飲食店で調理技術を学ぶ

喫茶店ではサンドイッチ/パスタ/カレー/パンケーキなどの軽食を提供する機会が多くなります。サンドイッチ/パスタ/カレー/パンケーキなどの軽食ですが、決して、妥協をしてはいけません。

自宅でも作れる程度の「あまり美味しくない=そこそこの味」「手抜き」で、提供をしているお店が、非常に多いです。

プロであるかぎり、サンドイッチ/パスタ/カレー/パンケーキなどの軽食については、手を抜かずに、「プロの味」を提供するようにしてください。

一部、レトルト・冷凍食品を提供する方も多いですが、レトルト・冷凍食品をそのまま提供するのは、手抜き以外のなにものでもありません。

やはり、お客さまに満足していただくためには、レトルト/冷凍食品を使う場合でも、調味料を加えたり、特別な食材や料理を加えるなどして、一手間を足してから、提供することが、喫茶店を流行らせるためにはとても重要になります。
(*もちろん、冷凍食品・レトルト食品の利用をなるべく控えて、自分で一から料理するほうが尚良いです。)

サンドイッチ/パスタ/カレー/パンケーキについて、プロの味を提供するためにも、喫茶店以外で、それらの軽食の調理技術を学べるようなお店で働くことも、とてもオススメします。

料理に自信がある方は別ですが、もし、プロの味といえるほどの軽食を提供する技術がないなら、ぜひ、サンドイッチ/パスタ/カレー/パンケーキなどの軽食の作り方を学べるようなお店で修行・働くのも良いでしょう。

◆喫茶店開業、経営に関する専門学校、スクールに通う

喫茶店開業/経営に関する専門学校で、喫茶店経営方法/調理技術/接客の方法などを学ぶことができます。数カ月程度の短期間で学べるスクールもある一方で、1年以上かけて、じっくり学ぶことができるスクールもあります。

費用については、数カ月程度のスクールなら数十万円程度、1年程度なら100万円前後になります。

理論・技術を系統立てて学びたいなら、オススメです。

なお、喫茶店開業のスクールを選択する際には、しっかりと事前に、そのスクールの評価や実績を確認した上で、申し込むようにしてください。特に、卒業生の何割ぐらいが喫茶店を開業し、収益をあげることができているのか、本当に成功している喫茶店はあるのか?、事前に確認をしておくと良いでしょう。

実際に、卒業生の生の声を確認できるようであれば、事前に確認しておきましょう。

卒業生の多くが失敗していたり、評判の良くないスクールに通うのは、時間もお金も無駄になりますので、事前に、徹底的に確認してから通うようにしてください。

◆特定の分野のみ教室、スクールで学ぶ

喫茶店ではサンドイッチ/パスタ/カレー/パンケーキ(ケーキ)/ランチメニューなどの軽食、コーヒーを中心とした飲料を提供することになります。

美味しいコーヒーを提供するためには、良い素材を仕入れるのはもちろんのこと、美味しいコーヒーを淹れることが非常に大切です。また、最近では味だけでなく、魅せるコーヒー=ラテアートも、評判良いので、ラテアートの技術も身につけておくと、尚良いです。

もし、サンドイッチ/パスタ/カレー/パンケーキ(ケーキ)/ランチメニューなどの軽食を作るスキルがない、美味しいコーヒーを淹れるスキルがないなら、ぜひ、料理学校やバリスタの学校で学ぶようにしましょう。

教室に通うには数万円〜100万円程度の費用が発生しますが、それらの費用で学んだ技術は、結果的にも、何倍~数十倍になって、あなたに返ってくるものです。

以上、喫茶店開業前に学ぶべき基礎知識・基礎技術に関する説明でした。
喫茶店開業前に、喫茶店運営の一日の流れ・経営に関する知識(売上・原価率・利益の管理・アルバイト活用)、飲料・飲食の調理技術、接客の技術を身につけておくようにしてくださいね。

これらのスキルがあれば、鬼に金棒!と言っても良いぐらいに、高確率で喫茶店経営を成功させることができるでしょう。

では、次のページでは、喫茶店開業資金の準備・調達について、解説をいたします。

次、喫茶店開業資金の準備・調達の説明ページはこちらをクリック>>>>

スポンサーリンク
ススメ記事TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
喫茶店開業の基礎
ホスピタリティ
スナック開業の基礎

開業前に準備しておくべき7つのこと

開業前に忘れがちな
こと

 

PAGE TOP