喫茶店開業TOP > 喫茶店開業までの流れ/手続き > 喫茶店開業/経営の決意

喫茶店開業/経営の決意

喫茶店開業を決定することが、喫茶店開業する上での、第一歩になります。

飲食業は、開業後10年後に生き残っているお店は、新規に開業したお店の10%にも満たないと言われております。つまり、9割以上のお店が、たったの10年以内に、閉店を余儀なくされてしまうのです。

「喫茶店は簡単そうだから・・・」

というような甘い気持ちで開業をすることは絶対にやめてください。

どんな商売でも甘い気持ちで取り組んで成功できるわけはありません。

簡単そうに見えても、実は、お客さまに満足していただき、売上を伸ばし、生活費以上の収入を稼ぐことは、それほど簡単ではありません。

喫茶店を成功させるためには、人知れず、メニュー、味の改善やサービスの改善など、様々な努力を行うことが必要です。

スポンサーリンク

ですので、決して、「楽に儲かる。簡単そうに見える。」という気持ちで決して、喫茶店を開業しないでください。開業しても、あっという間に閉店になり、借金だけが残ってしまい、後悔するだけです。

喫茶店を開業する場合、
「喫茶店の経営が軌道に乗るまで、サラリーマン時代よりも、一生懸命、働く。お客さまに満足して頂くお店づくりのために、手を抜かず、努力も惜しまない。」
という覚悟を持って、開業をするようにしましょう。

喫茶店開業をする限りは、下記の重要なポイントをしっかりと頭のなかに入れておいてくださいね。

喫茶店開業について心構え

1. 喫茶店で生活費を稼ぐ、収入を安定させるために、努力を惜しまない

怠惰で楽したいという気持ちでは絶対に成功はありえません。
手を抜かないこと、努力をすることが、喫茶店成功には必須です。
 
2. 開業のための準備を徹底する

準備をしっかりと行わずに、お店をオープンすれば、開業後に、飲食の提供や接客時に、様々な問題が発生してしまいます。
開業するための準備には時間をたくさんかけて、一つ一つ、妥協しないで、準備してください。

3. 開業すると決めたら、意志を貫く

開業後を決意した後に、「他の商売も良いかなぁ。」などと、他のビジネスにも関心が出てしまう方がいらっしゃいます。
簡単に他の商売に移りたくなるような弱い気持ちでは、喫茶店を運営していく中で、経験していく、様々な困難やチャレンジに耐えることができません。

喫茶店を成功させたいなら、最初に決めた、意志を貫くようにしてください。

4. 他人の批判を気にしない

あなたが開業を決めたら、友人や同僚などから、様々な批判や反対があるかもしれません。ほとんどの喫茶店のオーナーは周囲から反対や批判をされているものです。
貴重な意見として聞くことは大切ですが、そんな批判や反対に、決して負けないで、自分の独立の意志を貫くようにしてください。

5. 当ホームページの内容を何度も読んで、一つ一つ実行していく。

当ホームページでは喫茶店開業に関して、最低限準備していただきたいことを記載しております。当ホームページの内容はとてもシンプルですが、実践するためには、相当な覚悟と努力が必要になります。

もちろん、あなたが努力を続ければ続けるほど、喫茶店の売上・利益は増えていくでしょう。

ですので、何度も当サイトに記載している内容をチェックして、確実に手を抜かずに実践してください。
当サイトでは、喫茶店開業前だけでなく、喫茶店開業後も成功できるノウハウを随時追加していく予定です。

ひとりでも多くの方に成功していただきたいので、ノウハウを惜しまず提供していくようにしますので、楽しみにしてくださいね。

以上、喫茶店開業の決意に関する記事でした。

開業を決意した後は、いよいよ、具体的な準備をしていく段階になります。

まずは、喫茶店 経営に関する基礎知識・基礎技術の習得について、次のページにて説明をさせていただきます。

次、喫茶店 経営に関する基礎知識・基礎技術の習得>>>

スポンサーリンク
ススメ記事TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
喫茶店開業の基礎
ホスピタリティ
スナック開業の基礎

開業前に準備しておくべき7つのこと

開業前に忘れがちな
こと

 

PAGE TOP