トップページ > 喫茶店開業の基礎 > 喫茶店経営方法・開業方法(開業までの流れ/手続き)

喫茶店経営方法・開業方法(開業までの流れ/手続き)

喫茶店の開業方法/開業までの流れは以下の通りとなります。

喫茶店の開業は急げば数ヶ月でも開業可能ですが、計画的に、無理の無いペースで開業・経営開始をするためには、少なくとも半年~1年程度の時間をかけて、しっかりと準備してから開業をするようにしましょう。

喫茶店経営・開業方法:開業までの流れ 準備期間:半年〜1年程度

1.喫茶店開業・経営の決意
・喫茶店開業/経営の決定

スポンサーリンク

2.喫茶店 経営に関する基礎知識・基礎技術の習得
・喫茶店の運営方法の習得
・料理、調理技術の習得
・接客技術の習得

3.開店資金の準備・調達
・開業するためには多額の資金が必要になります。
・開業資金の準備はなるべく早く行うことが重要です。

4.コンセプトの決定
・どのようなお客さまに来店していただき、
どのような料理・飲料を提供するのか、
お店の基本コンセプトを決定していただきます。

5.店舗の決定
・お店のコンセプトに合わせた店舗を見つけるようにしましょう。
・妥協をしないで、徹底的に調査をして、最終的に決定することが肝心です。

6.店舗デザイン・内外装工事、厨房設備機器&備品の準備
・店舗デザイン、設計については、なるべく費用をかけずに、開業することをオススメします。
・厨房機器についても、中古品を仕入れるなどして、コストを低くおさえるようにしましょう。

7.メニューの決定/取引業者、仕入先の選定
・お客さまの納得する味の飲食を提供すること。美味しい飲食を味わっていただくために、メニュー作りには妥協をしないでください。
・価格は高すぎず、安すぎず、利益を確保でき、しかも、お客さまに納得していただけるような価格決定をしましょう。

8.人材・スタッフの確保、教育の実施
・アルバイトスタッフを雇う場合は、教育をしっかりと行うようにしてください。
・アルバイトスタッフの質がお店の成功の成否を左右すると言っても良いほど重要なポイントです。

9-1.開業手続き1(飲食店営業許可など)

9-2.開業手続き2(開業届など)
・喫茶店を経営するためには、許可/届け出が必要です。
少し手間がかかりますが、開業手続きを確実に行うようにしてください。

10.広告宣伝
・お店を知ってもらわなければ、来店をしていただくことはできません。
宣伝を徹底的に行なってください。

11.開業
・開業してからが、本当の勝負!
・名店と言われるようなお店になるように努力を惜しまないでください!

では、次のページから、準備すべき各項目について詳しく説明させていただきます。

まず最初に、喫茶店開業・経営をするための決意をして頂く必要があります。

次、喫茶店開業・経営をするための決意の詳細はコチラをクリック>>>

スポンサーリンク
ススメ記事TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
喫茶店開業の基礎
ホスピタリティ
スナック開業の基礎

開業前に準備しておくべき7つのこと

開業前に忘れがちな
こと

 

PAGE TOP