カラオケ喫茶開業とは

 

カラオケ喫茶は、夜だけ営業するスナックとは違い、お昼間からカラオケを歌いたい方たちが集う場所として、高齢者を中心に広がってきた喫茶店の一形態です。

カラオケ喫茶に絶対必要なものは、カラオケ設備と歌うためのステージです。カラオケ喫茶では客が順番にカラオケを歌うという形式で、見ず知らずの人達が一緒歌をうたってに楽しむ空間です。何度か通う内に常連になることも多く、常連客がつきやすいのも特徴です。

基本、飲み物と軽食が出されて、何曲かカラオケが歌えるセット料金だったり、1曲ずつチケットで支払いをする方式であったり、お店によってその料金体系はマチマチです。

喫茶店ですので、基本はコーヒーや紅茶、ソフトドリンク、そして軽食が中心ですが、ビールなどのアルコールの提供も可能です。

スポンサーリンク

又、お店によっては、比較的年齢層が高い為、ご婦人のニーズによって、食べ物の持ち込み可としているところもあり、常連客同士で持ち込んだおかずやお菓子のやり取りをしている、アット・ホームなお店も少なくありません。

定期的に大会などのイベントの開催なども行われているようです。

カラオケ喫茶開業は儲かる?

カラオケ喫茶は回転数が非常に悪いようです。ほとんどのお客さんが数時間、ながければ一日中その席を独占するのでどうしても回転数は非常に悪くなります。

以前はカラオケを一曲歌うのに、200円〜の金額がとれていたようですが、最近では1曲100円、もしくはセット料金というように、一人あたりの単価が多くても1000円〜3000円と低く、回転数も悪いとなれば、カラオケ喫茶の経営は簡単にはいかないようです。

カラオケ喫茶店の開店の資金は・・・

普通の喫茶店でも新たに店舗を開店するとなると、規模にもよりますが、500万から1000万円必要です。カラオケ喫茶となると、カラオケ機器などの音響設備にステージの設置など、居抜きで店舗を利用するとしても、普通の喫茶店より余計に費用が必要でしょう。

スポンサーリンク
ススメ記事TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
喫茶店開業の基礎
ホスピタリティ
スナック開業の基礎

開業前に準備しておくべき7つのこと

開業前に忘れがちな
こと

 

PAGE TOP