トップページ > スナック開業の基礎 > スナックを居抜き物件で開業

スナックを居抜き物件で開業

居抜きという言葉をご存知ですか?

居抜き物件とは、厨房設備や空調、什器類、椅子やテーブルなどが以前のお店のままで、それらをそのまま使える物件を指します。つまり、契約が済み、許可が降りさえすればすぐにでも開店できるということです。

一方、全くなにもない物件のことをスケルトンと呼び、内装工事に始まり厨房・空調、家具、什器類など何から何まで1から準備する必要があるので、居抜き物件に比べてオープニングコストに時間もお金もかかるので、最近では居抜き物件がとても人気があります。

スポンサーリンク

 

いくら費用が安いからといって、但し居抜き物件にはメリットばかりではなく、デメリットも多くあるので事前によく確認しておくことが必要です。

居抜き物件のデメリットは・・・

自分のイメージに合わない場合も多い

当然他人が作ったお店ですので、自分の思い描いていたお店とばっちり合うとういうものはなかなか出会えないでしょう。自分の理想やこだわりがそれほどないのであれば居抜き物件はよいかもしれませんが、こだわりが多い場合、後々手を加えることが必要だったりして、当初よりも費用が掛かってしまう可能性もあるので十分に考慮しましょう。

保証金の他に造作譲渡代という費用が必要

居抜き物件の中に残っている設備や什器は前のオーナーのものであり、造作譲渡代はそのオーナーから譲渡を受ける=買い取る費用をさします。
前のオーナーとしては必要ないものなので造作譲渡として引き渡したいですので、交渉すれば値引きも可能です。

設備が古い、使えない

それらの施設や設備がまだ利用できるのか、自分の店に本当に必要なのかを十分見極めなければ、修理したり処分するにも費用が必要となりますので慎重に下見をして交渉しましょう。

なぜ物件が閉店したのか・・・

なぜ前のお店が撤退した理由をよく確認しておきましょう。例えば長期にわかって契約されなかった場合はその物件はあまりよくない物件でしょう。また前のお店が立地が悪いため閉店したとか、近くに競合店があり閉店したなどがあればよくない物件ですのでやめておきましょう。


スポンサーリンク
ススメ記事TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
喫茶店開業の基礎
ホスピタリティ
スナック開業の基礎

開業前に準備しておくべき7つのこと

開業前に忘れがちな
こと

 

PAGE TOP