喫茶店開業TOP > 喫茶店開業までの流れ/手続き > 店舗デザイン・内外装工事、厨房設備機器&備品の準備

店舗デザイン・内外装工事、厨房設備機器&備品の準備

開業予定場所が決まれば、次は、店舗デザイン/内外装工事/厨房設備機器&備品の準備になります。

居抜き物件(過去に喫茶店/飲食店として使われていた物件で、内装工事をせずに、そのまま、使える物件)であれば、特に、デザインや大規模な工事を行う必要がありません。

一方で、スケルトンの物件(内装設備が無い状態)については、内外装工事を行う必要があります。

店舗デザイン/内外装工事については、自分たちで出来る範囲で準備すれば、かなり格安で行うことができますが、専門業者に任せると、金額は割高になります。

内外装工事費用は、100〜300万円程度かかります。
開業資金は少ないほうが良いので、できれば、100万程度におさえたいものです。

内外装工事業者については、知人に頼んだり、インターネットで調べて、見つけることができます。

少なくとも3社以上に見積依頼をして、比較検討するようにしてください。相見積もりをしないで、1社のみで決定しまいますと、非常に割高な費用を払うことになってしまう可能性がありますので、少し面倒ですが、必ず、3社以上の見積もりをとってください。

こちらのサイトであれば簡単に見積もり依頼もできますのでオススメです。内装マスター

見積もり後に、工事業者を選定する際には、金額だけでなく、あなたの希望に見合った工事をしてもらえるのか、また、過去の実績・対応の早さ・感じの良さなどもチェックして、最も、条件が良く、サービスの良い工事業者に依頼してください。

なお、厨房機器については、100〜200万円程度の費用になりますが、できる限り少なくするために、中古機器を揃えると良いでしょう。中古機器にすることで、100万円未満に開業資金を抑えることができます。

テーブル、椅子、食器などの備品については、こだわれば、100万円を超えてしまいますが、50万円程度におさえるようにしましょう。

インターネットを利用すれば効率よく備品や消耗品が調達できるのでオススメです。
オススメは、実店舗も多く展開するこちらの、日本一の道具街、かっぱ橋最大級の品揃え!【プロパックかっぱ橋.com】 がオススメです。
業務用の食材から、調理器具、カトラリーなど、喫茶店営業に必要なものがすべて業務用価格でそろっていますので、忙しい開店準備の際にネットで注文できるので、時間短縮にもなります。

 

以上が、店舗デザイン・内外装工事、厨房設備機器&備品の準備についての解説でした。

こだわり過ぎると費用がかなり高くなってしまいますので、「予算の範囲内!節約節約!」を忘れずに、価格を予算の範囲内で抑えるようにしてくださいね。

では、次のページでは、メニューの決定/取引業者、仕入先の選定について、解説をいたしますね。

次、メニューの決定/取引業者、仕入先の選定>>>

スポンサーリンク
ススメ記事TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
喫茶店開業の基礎
ホスピタリティ
スナック開業の基礎

開業前に準備しておくべき7つのこと

開業前に忘れがちな
こと

 

PAGE TOP