トップページ > 喫茶店開業の基礎 > 喫茶店開業資金の準備・調達

喫茶店開業資金の準備・調達

喫茶店を開業するためには、多額の開業資金が必要になります。
開業資金は、立地/お店の規模/デザインにより、全く違います。
100万円ほどで開業できれば良いですが、実際には、500―1000万円以上の開業資金が必要になります。

スポンサーリンク

都市部で立地の良い場所なら、開業資金が1000−1500万円を超える場合もあります。

開業資金の内訳はだいたい下記の通りとなります。

喫茶店開業資金内訳

店舗取得費用    家賃の半年〜1年分
内装/外装工事費用 100−300万円程度
厨房設備機器    100―200万円程度
備品(テーブル、椅子、食器など) 50万円程度
運転資金    売上が計画時の50%未満でも半年程度は運転するための資金

「開業資金は700万円ですべて準備する!」と事前の計画で計画をしても、開業をする段階になりますと、
「少し家賃が高くても、この物件の方がいい!」
「以前に喫茶店として使われていた居抜き物件ではなく、スケルトンの物件で、すべて、自分の思うどおりのお店のデザインにしたい!」
「厨房機器は中古の予定だったけど、やっぱり、新品で最新のものがいい!」
「テーブルや食器の料金が倍以上になりそうだけど、必要経費なのでしようがない。。。」
などと考えてしまい、
開業前に考えていた開業資金を大幅に超えてしまう傾向にあります。

開業直後から「黒字」になるお店は非常に少なく、多くのお店では固定客(リピーター)が増え、売上の安定&黒字になるまで、少なくとも3ヶ月〜半年程度はかかるものです。つまり、開業後、数ヶ月〜半年程度は赤字が続く可能性が高いのです。

スポンサーリンク

開業後に、お金で困らないためにも、「開業資金は予算の範囲内で!節約節約!」を徹底するようにしてください。

「あれもほしい、これもほしい!」という欲に負けないで、「絶対に予算内!」という心構えで、開業資金を使うようにしてください。

なお、開業資金について、できれば半分以上は自己資金(親族の支援を含む)で準備をするようにしましょう。100%自己資金で開業をできれば最高なのですが、500〜1000万円の現金を準備するのはなかなか難しいものです。不足分は、借り入れをすることをオススメします。

ちなみに、開業資金の準備については、下記の流れで準備をするようにしてください。

開業資金の準備について

◆開業資金総額のチェック
開業予定の喫茶店の立地/広さ/デザインなどを考慮して、事前に、おおまかな開業資金総額を確認しましょう。



◆開業資金を貯める(できれば、開業資金総額の半分程度)
お金を貯めるための努力をしてください。
給料の10〜20%程度を貯金するなどして、開業資金をコツコツと貯めてください。
ついつい色んなモノが欲しくなって、浪費をしたりして、貯金を全くできないという方がいます。ただ、「貯金をする努力、節約する努力」の出来ない人では、開業後に発生する様々な解決すべき問題点の改善を怠ってしまう可能性が高く、成功できる可能性は非常に低くなります。

喫茶店を開業するという夢を実現するためにも、自分の欲に負けないで、開業資金をコツコツと貯めてください。


◆足りない資金は家族から支援を受ける

家族(特に両親)から支援を受けて、開業資金の不足分を補う方がたくさんいらっしゃいます。借りても、金利はとても低くなりますので、かなりオススメです。

ただ、友人や知人からお金を借りることだけは絶対にやめておきましょう。返済ができなくなった場合に、大きなトラブルになりかねませんので、友人からのお金の支援は絶対に断るようにしてください。


◆日本政策金融公庫/信用保証協会の保証付き融資(制度融資)を受ける、お金を借りる

自己資金&家族からの支援でも、足りない資金については、日本政策金融公庫、信用保証協会の保証付き融資(制度融資)を借りると良いでしょう。政府系の機関ですので、金利も低くて、創業時にも借りやすいです。開業前に最寄りの日本政策金融公庫、信用保証協会へ訪問して、融資の内容・借入方法などを確認しておくと良いでしょう。

※高金利のビジネスローンや消費者金融などから、多額のローンを借りて開業することは絶対に避けてください。金利負担が重くなりすぎて、返済不能になる可能性が高いので、高金利のローンは、まったく借りない、もしくは、借りたとしても少額のみ(30~50万円以内)にしてください。

以上が、開業資金に関する解説でした。

一日でも早く開業するために、「お金を貯める努力」を今すぐ始めてくださいね!

では、次のページにて、喫茶店コンセプトの決定について、解説をいたします。
コンセプトを決めずに、喫茶店を開業する方が多いですが、それでは、失敗する可能性が高いです!

ぜひ、コンセプト作成をしてください。

次、喫茶店コンセプトの決定に関する説明ページはこちらをクリック>>>

スポンサーリンク
ススメ記事TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
喫茶店開業の基礎
ホスピタリティ
スナック開業の基礎

開業前に準備しておくべき7つのこと

開業前に忘れがちな
こと

 

PAGE TOP