喫茶店開業TOP > 喫茶店開業までの流れ/手続き > 喫茶店コンセプトの決定

喫茶店コンセプトの決定

喫茶店経営の要:喫茶店を開業する際に、かなり重要なポイントとなるのが、「お店のコンセプト」です。

「コンセプト」が定まっていない、中途半端なお店になってしまうと、

お客さまは集まらない>儲からない>赤字が続く>閉店

という、とても悲しい現実になってしまいます。

喫茶店を開業するまでに、様々な準備が必要であり、どの作業も手を抜いていただきたくないですが、特に「コンセプト」作りについては、絶対に手を抜かないでください。

多くのお店が「コンセプトが曖昧」「コンセプトを決めていない」状態で、開業をしてしまっています。これは、裸で富士山を登ろうとするようなもので、かなり無謀です。。。
(*100%負けが決まっているような状況です!)

では、、、

コンセプトについて解説をします。

私が考えるお店のコンセプトは下記です。

開業前までに決めておくべきコンセプト

1.主にどのようなお客さまを対象にするのか?
2.お客さまへ、どのような付加価値(ベネフィット)を提供できるのか?
3.「◯◯の喫茶店」と言えるような「圧倒的な特徴」は???

それぞれ解説をさせていただきます。

スポンサーリンク

1.主にどのようなお客さまを対象にするのか?

あなたのお店のお客さまはどのようなお客さまなのか???
具体的に、強くイメージできるまで、徹底的に考えるようにしましょう。
お店の前を通る人、お店の近くに住んでいる人というような、曖昧ではいけません。

たとえば、、、

ターゲットとするお客さまは、、、

A・年齢は30代後半〜40代のサラリーマン
>>
★サラリーマンの方々が過ごしやすい喫茶店へ!
・モーニング、ランチ、打ち合わせに利用をしやすい環境づくり
・料理/ドリンクはできるだけ早く提供し、コーヒーはこだわりのコーヒーを提供したほうが良い!(ホットだけでなく、アイスコーヒーも手を抜かない!)、
・新聞/雑誌/ビジネス書/マンガなどの書籍をたくさん準備すべきでは?

B・30代のフリーランス、個人事業主(喫茶店でパソコンを使って仕事をするような人
>>
★仕事に集中しやすい喫茶店へ!
・パソコンに接続しやすいネット環境の準備(wifi,無線Lan,電源・コンセント)
・打ち合わせのしやすい環境作り
・集中しやすい音楽を流すと良いかも

C・30〜40代の主婦層
>>
★★ママ友同士で楽しく過ごせる場
・サークルや習い事(英会話、手芸など)を実施
・ママ友支援の情報提供・掲示
・スイーツの充実、子供が過ごしやすい環境
・店内禁煙

以上は、一例ですが、顧客ターゲットについて、「具体的」に考えるようにしましょう。

2.お客さまへどのような付加価値(ベネフィット)を提供できるのか?

喫茶店は無数に存在しております。
その中でも、あなたのお店を選んでいただくために、あなたがお客さまにどのような付加価値を提供できるのか、真剣に考えてください。

他のお見と同じようなモーニングやランチを提供する、コーヒー・その他のドリンクを提供するというのは価値を提供しているだけであって、「付加価値」ではありません。

付加価値を提供するからこそ、あなたのお店に来店する「理由」が生まれるのです。

もし、

30~40代のサラリーマンを顧客ターゲットにするなら・・・・

たとえば、、、

  • 特別な豆で作ったコーヒーを提供する
  • アイスコーヒーは業務用のパックコーヒーを提供するのではなく、本格的な美味しいコーヒーを提供する
  • モーニングは、朝から元気よく働いてもらうために、ボリュームが有り、かつ、栄養が取れるメニューを提供する。(どこにでもあるような パン&ゆでたまご&サラダのような、一般的な価値しか与えることができないメニューを提供しない)
  • 常連のお客様の名前を覚え、挨拶をする際には、お名前も一緒に伝えるようにする。「田中さん、おはようございます!お仕事、お疲れ様です!調子はどうですか???」(他のお店では、ほとんど名前+挨拶をしていないので、これでも、十分に付加価値になります。)
  • スーツやコートなどにシワが寄らないように、ハンガーを準備する(ホテルのようにお預かりするのも良いでしょう。)
  • パソコン&スマホを長時間利用しやすいように、電源を準備する
  • 経済関連の新聞、雑誌を充実させる

などなど。

上記は一例ですが、本気でお客さまのことを考えれば、あなたが提供できる「付加価値」はいくらでも考えることができます。

ターゲットとするお客さまが満足する「付加価値」の提供ができれば、あなたのお店は自然に流行ります。

自分でたくさんの「付加価値」を考案して、ぜひ、開業予定のお店で、「付加価値」を提供するようにしてくださいね。

3.「◯◯の喫茶店」と言えるような「圧倒的な特徴」を準備する

お店ではたくさんの付加価値を提供する必要がありますが、その中でも、他のお店を圧倒し、かつ、お客さまに大変満足いただける、「圧倒的な特徴」を考えてください。

「圧倒的な付加価値」を準備することで、あなたのお店を一生忘れないほど記憶にとどめていただき、たくさんのお客さまを紹介していただいたり、何度も来店をしていただけるようになるでしょう。

たとえば、、、

  • 新鮮な高級卵を使った、たまごサンドイッチがとても美味しい喫茶店
  • アイスコーヒーが格別に美味しい喫茶店
  • オーナーの笑顔が最高の喫茶店
  • 仕事で使える雑誌やマンガが充実している
  • 野菜ジュースやカロリーの少ない料理が主で、健康管理をしてもらえる。

など。

◯◯の分野では、地域No.1(日本でNo.1なら最高です!)だと言われるぐらいの圧倒的な特徴(最高の付加価値)を準備するようにしてください。

以上が、喫茶店のコンセプトに関する説明でした。

コンセプトについては、妥協をせず、具体的で、わかりやすいものを作成するようにしてください。

次のページでは、喫茶店 開業予定店舗の決定について解説させていただきます。
店舗の立地や状況によって、売上は大きく変動します。次のページの解説をじっくりと読んで、とても条件の良い店舗を見つけましょう。

次、喫茶店 開業予定店舗の決定についてはこちらをクリック>>>

スポンサーリンク
ススメ記事TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
喫茶店開業の基礎
ホスピタリティ
スナック開業の基礎

開業前に準備しておくべき7つのこと

開業前に忘れがちな
こと

 

PAGE TOP