トップページ > 喫茶店はメニューで差をつける > 喫茶店のメニュー

喫茶店のメニュー

ドリンクはもちろんですが、あなたのお店が何をコンセプトにして経営していくのか、それによってメニュー構成は大きく変わるでしょう。

メニューコンセプトさえしっかりしていれば、メニュー構成はおのず決まってくるはずです。

コーヒー専門店

コーヒー専門店の場合このような特徴出しができますね。

  • 世界各国からの厳選した豆のコーヒー
  • 自家焙煎の挽きたてコーヒー
  • コーヒーマイスターが淹れるネルドリップコーヒー
  • 毎日汲んでくる湧き水名水でいれたコーヒー

紅茶専門店

  • 世界各国のこだわりの紅茶葉の紅茶
  • 紅茶インストラクターが淹れるこだわりのアレンジティー
  • 英国風正統派ミルクティー
  • インドの様々なスパイスチャイ

日本茶カフェ・喫茶店

  • 日本茶インストラクターが淹れる究極の玉露
  • 産地限定の手揉み茶だけで淹れる煎茶

などなど、いかにもこだわりのありそうで、消費者が食いつきそうなキャッチを冠に掲げて、お店のコンセプトを決めるとメニューも決めやすいですよね。

その中でも、更にキラーメニューを持てば、あまり多くのメニューを持ちすぎ仕入れも楽になるはずです。

もちろん、お客様のニーズに合わせてメニューを変更することも重要ですが、開店してからメニューを変えるのは、仕入れや仕込みの手順、メニュー表の変更など手間がかかりますので、最初にしっかりとしたメニューを考えましょう。

その上で、人気メニューランキングなど作成すると、お客様をキラーメニューへ誘導できるでしょう。

メニューブックも手を抜かない

喫茶店といえども、メニューブックがお粗末ではいけません。

せっかくこだわりのメニューを作っても、メニューでそのメニュー名しかないようなメニューブックはただの献立表です。お客様には全くそのこだわりも美味しさも伝わりません。

単にメニューの名前を羅列するだけでなく、そのメニューの特徴、産地、そしてあなたのこだわりポイントなどもぜひ掲載してください。

スポンサーリンク


写真は定番の飲み物や食べ物などには必要ありませんが、メニューの名前を聞いてもわからない、見た目にすごくインパクトがある、などの場合はぜひ写真も載せるようにしてください。

また、オススメメニューがあれば、通常メニューよりも目立つように、枠で囲ったり、字を大きくしたり、定番であっても写真を載せたりして目につくようにしておくとよいでしょう。

次のページは、喫茶店のモーニングは生命線!をお送りします>>

スポンサーリンク
ススメ記事TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
喫茶店開業の基礎
ホスピタリティ
スナック開業の基礎

開業前に準備しておくべき7つのこと

開業前に忘れがちな
こと

 

PAGE TOP