トップページ > 喫茶店/スナック開業コラム > 喫茶店経営 給料について

喫茶経営でサラリーマン以上の給料を目指す

喫茶店経営をしたい方の多くが、経営をした際の”給料”が気になるようですね!
当サイトの喫茶店経営年収のページでも説明をしましたが、喫茶店経営の給料はそれほど高くありません。
喫茶店経営年収の説明ページはこちら>>

スポンサーリンク

喫茶店経営を黒字にすることができれば、だいたい年収は200〜300万円程度です。
給料(月収)では、15〜25万円程度になります。

喫茶店経営は朝から夜まで長時間労働になることが多いのですが、給料という点では、それほど大きく稼げる仕事ではありません。
実際、多くの喫茶店経営は赤字になることも多く、赤字になってしまいますと、収入は0になり、生活がとても苦しくなる可能性もありえるのです。

“喫茶店経営では夢がないのか?
サラリーマン以上の給料を稼ぐことはできないのか?”

という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、もちろん、サラリーマン以上の給料を稼ぐことだって可能です。

ただ、“喫茶店経営をすれば、簡単にサラリーマン以上の給料を稼ぐことができるというわけではない”ということを肝に銘じておかなければなりません。

サラリーマン以上の収入を稼ぐには・・・

特徴のあるコーヒー、その他のメニューを提供する
圧倒的なサービスを提供する

「あなたのお店にしか無い特徴」を提供し、いつも店内がお客さまで一杯になるようなお店を作ることで、年収700~1000万円以上も十分に目指すことができます。(ただ、このような高収入を稼ぐことができる喫茶店オーナーは全体の数%ぐらいしかいません。上位数%に入れるような、魅力のあるお店を作らなければなりません。)

なお、喫茶店の収入はお客さまのリピーターが増えることで、だんだんと増えていきます。ですので、開業後数ヶ月〜半年は、リピーターがとても少ないので、収入も少なくなります。収入が少ない時期を耐えて、そこでへこたれないで、魅力的なお店を作るために、努力を惜しまないようにしましょう。
魅力あるお店に改善し、何度も来店を頂くリピーターを増やすことで、収入も右肩上がりに増やすことが可能です。

スポンサーリンク

ただし、多くのお店が、現状に満足にして、お店のメニュー・サービスなどを改善しないので、リピーターが増えずに、収入が伸び悩んだり、落ちたりしているというのが実情です。

リピーターが増えないお店には、繁栄はありません。

もし、喫茶店として成功をさせたいなら、お客さまが「また、来たい!」と思えるようなお店づくりをしましょう。それができれば、あなたの給料は年々増えていくでしょう。

ぜひ、リピーターを増やして、サラリーマン以上の給料を安定して稼げるような喫茶店を目指してくださいね!

スポンサーリンク
ススメ記事TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
喫茶店開業の基礎
ホスピタリティ
スナック開業の基礎

開業前に準備しておくべき7つのこと

開業前に忘れがちな
こと

 

PAGE TOP