トップページ > 喫茶店/スナック開業コラム > 脱スタバはアメリカでも。喫茶店ブーム再燃?

脱スタバはマイクロ・ブリュー・コーヒー?

マイクロ・ブリュー・コーヒーって?

最近アメリカでは、「マイクロ・ブリュー・コーヒー」というものが流行っているそうです。

「マイクロ・ブリュー・コーヒー」とは、1カップずつ丁寧に入れられた香り高いコーヒーのことです。「マイクロ・ロースター」や「コーヒーの第3の波」という別の呼び名もあるそうです。

このマイクロ・ブリュー・コーヒーは、サンフランシスコやシアトル、ポートランドといったアメリカの西海岸から始まって、ニューヨークへと広まり、大きな流行となっています。

そのマイクロ・ブリュー・コーヒーの先駆けとなったのが、ジェームス・フリーマンさんが設立したブルー・ボトル・コーヒーというお店だそうで、最初はサンフランシスコのオーランドという街の小さなお店でしたが、現在はサンフランシスコを中心に10店舗以上展開しています。

このマイクロ・ブリュー・コーヒーは、厳選した豆を焙煎し、3日以内に使用し、一杯一杯丁寧にドリップする方法で、スタバなどに見られる、大量に素早くコーヒーを提供するコーヒーチェーンとは違っているのです。

実は、このマイクロ・ブリュー・コーヒーの先駆けになったお店のオーナーのフリーマンさんは、日本の喫茶店に影響を受けて、お店を作ったそうなです。
フリーマンさんは日本にくると必ず行く喫茶店もあり、日本の丁寧な一杯のコーヒーに見せられた人だったんです。

スポンサーリンク

アメリカでブームになるものは、日本でもブームになりますよね。

以前のコラムでも喫茶店が再燃していると書きましたが、喫茶店の本場日本で、更に喫茶店再燃のムーブメントがくるかもしれませんね。

これから喫茶店をオープンするのはチャンスかもしれませんよ。

 

スポンサーリンク
ススメ記事TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
喫茶店開業の基礎
ホスピタリティ
スナック開業の基礎

開業前に準備しておくべき7つのこと

開業前に忘れがちな
こと

 

PAGE TOP