トップページ > 喫茶店/スナック開業コラム > 地域調査をしましょう

地域調査をしましょう

喫茶店・スナックの開業前の地域調査は
物件情報の収集と平行して行いましょう。

「住み慣れた土地なので土地勘もあるので地域調査はいらないだろう。」

それはよくありません。たとえ住み慣れた土地で喫茶店やスナックを始める場合でも、事前の地域調査は必ず行うべきです。
いくらなじみがあるとは言っても、そのあなたのその土地の見方は、単なる土地勘であって、商売上の目ではみていませんので、商売が成り立つかどうかの視点で見ると、まったく別のものがみえてくるはずです。

調査で抑えたい要素は、その地域にその商売にその商売ニーズがあるかどうかということです。

スポンサーリンク

人間は必ずどこで買うか、とこで食べるかを考えて購買行動をおこします。つまり、その地域に求める飲食ニーズがあり、それを外すと顧客は違和感を覚えて来店してくれません。
地域にあった商売はとても大切な要素です。
よって、あなたがやりたい店のコンセプトがその地域に受け入れられるかどうかをしっかりと調査してください。

ターゲットはいるのか?

地域調査で最も必要な情報は、

1)自分のお店のコンセプトが合う人が住んでいる
2)自分のお店のコンセプトが合う人が働いている
3)自分のお店のコンセプトが合う人が訪れている

のかの3点になります。それはこの街の特徴といえるものです。

街や地域にはイメージがあります。このイメージを外した出店は、経営的にリスクが大きくなります。
地域特性に合わせた出店をすることが、失敗しない秘訣。これが出店候補地域を見定める際の最も重要な視点となります。

地域調査の2つの視点

地域調査の目的は、自分のやりたい喫茶店・スナックのコンセプトにあった地域かどうかを判断することとなります。そして、その調査には2つの視点を持つことが重要です。

1)客観的視点(データを基にする)

その地域の人口の量と質を数字で把握することです。地域内の人口数値を把握し、他の候補地や近隣地域と比較してください。複数の出店希望地がある場合は、必ず比較するようにしましょう。
役所に行けば資料を確認できる窓口があるので、利用しましょう。

必要なデータは、

 a)商圏人口(年齢・性別の人口を世帯数及び構成比)
 b)駅乗降客数(駅チカ物件なら乗降客の種類も調査)
 c)競合出店の状況

の3点です。

2)主観的調査

主観的調査とはその地域があなたのお店のコンセプトに合っているのか否かを、感覚で把握するものです。
町並み、昼夜の雰囲気、賑わい具合、通行人や車の往来の量、しゅるい、その場所に来ている人の目的、繁盛しているお店などをくまなく見てまわり調査します。

違う時間や違う曜日にも調査を行うのが基本ですが、特に自分のお店のコンセプトで最も大切な時間帯には必ず何回も足を運びましょう。
希望の地域が雰囲気を肌で感じ、ここなら接待にできると思うことが重要です。その地域自体がコンセプトにあっていれば、店舗所在地に少しばかりハンデがあっても勝負が可能です。

 

 

スポンサーリンク
ススメ記事TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
喫茶店開業の基礎
ホスピタリティ
スナック開業の基礎

開業前に準備しておくべき7つのこと

開業前に忘れがちな
こと

 

PAGE TOP