トップページ > 喫茶店/スナック開業コラム > 喫茶店・スナックの物件探し

喫茶店・スナックの物件探し

飲食業は立地が命

喫茶店もスナックを含めた飲食業は立地が命と言われています。立地と物件に大きく影響される商売です。
特に喫茶店やスナックは他の飲食店のように、その料理で勝負するような業態ではないので、条件の物件をみつけることは、喫茶店やスナックの成功に欠かせない要素です。

しかし、肝に命じなければいけないのは、希望の条件どおりの物件は、そうそう見つかるものではないということです。
駅前や人通りの多い場所などは新規の開業者が出店するのは相当難しいのが現実で、これから開業を目指すような方が確保出来る物件は、必然的にあまりよくない条件の物件ということになります。

物件探しの大切なこと

新規で喫茶店やスナックを開業する場合、一番大切なことは、物件や立地の条件に合わせて計画を柔軟に修正することです。
物件を探す上で、必ず念頭においておかないといけないことは、その投資にみあった利益を出せるか?なのです。

スポンサーリンク

投資に見合った利益を出すためには、様々な条件を考える必要があります。
家賃の額、人通りの多さ、お店の規模などすべてが関係してきますので、何が譲れて、何が譲れないのかしっかりと見極めて物件探しをすることが重要です。

物件探しの大前提

  • 一度決めたら替えられない
    内装やメニューなどと違い、物件は一度決めたら商売をやめるか、引越しするまで変えることはできません。
  • 自分の意思ではどうにもならないことが多い
    どんなに希望しても、そこの家主がNOといえばその物件を借りることはできません。家主も家賃を確実に支払ってくれる、信用ができる相手を求めています。
  • よい物件はそうそう出会えるものではない
    立地がよくて家賃が安い物件など、ほとんどないのだと思っておいてください。
    大手の飲食チェーンには物件探しのプロがいて、その実績と資金力でよい物件は先に抑えられてしまうのです。
  • よい物件は高い!
    人通りが多く、イチゲンの客が多くみこめるような場所は当然家賃もお高くなります。喫茶店やスナックの売上には限界がありますのでよく検討しましょう。
  • コンセプトにあった物件こそが一等地
    喫茶店は人通りの多い場所が有利。スナックなら一筋はいった路地でも大丈夫。のように、あなたの選択する業種によってその場所が一等地になるのです。よく見極めましょう。
  • 土地勘がある場所で
    全くしらない土地で喫茶店やスナックをはじめるのは無謀です。住んでいる必要はありませんが、ある程度のその土地の土地勘が成功率が高まります。
  • されど立地
    それでもやはり人通りや街のイメージはとても大切です。「人」を相手に商売する以上、その土地に人が多いに越したことはありません。また候補地の商圏、近隣、昼夜、就業、男女別などの人口調査は絶対必要です。
    また、スナックの場合、音漏れによるクレームなどもありますので、住宅街の真ん中で商売するのは注意しましょう。

 

 

スポンサーリンク
ススメ記事TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
喫茶店開業の基礎
ホスピタリティ
スナック開業の基礎

開業前に準備しておくべき7つのこと

開業前に忘れがちな
こと

 

PAGE TOP